人気のセレナ・エクストレイルの魅力をプロドライバーがレポート

セレナ
エクストレイル

ぜひ人気のクルマをお店で乗り比べてみてください

日産のクルマはココがすごい

  • 高速道路も渋滞も疲れ知らず
  • 苦手な駐車もこれなら安心
  • クルマの周囲を上から確認
  • 荷物がいっぱいでも後方の視界良好
  • 魔法のドア&扉 足元だけで自動開閉

セレナ・エクストレイルはたくさんの皆さんに支持されています

セレナ
声 声
エクストレイル
声 声

乗ればわかる 選ばれる理由

【ご注意】安全装備はドライバーの安全運転を補助するものであり、あらゆる状況での衝突を回避するものではありません。システムの能力には限界があり、天候や路面状況などによっては作動しないことがありますので、ドライバーは天候や路面状況に合わせた運転、周囲の車両・歩行者の確認、十分な車間距離の確保など、安全運転を心がけてください。先進技術・機能の設定条件は、車種・グレードにより異なります。

<プロパイロットについて>●プロパイロットは高速道路や自動車専用道路で使用してください。プロパイロットはドライバーの運転操作を支援するシステムであり、自動運転システムではありません。安全運転を行う責任はドライバーにあります。●わき見運転やぼんやり運転などの前方不注意および雨・霧などの視界不良による危機を回避するものではありません。先行車との車間距離、車線内の位置、周囲の状況に応じてアクセル、ブレーキ、ハンドルを操作するなどして、常に安全運転を心がけてください。●システムの能力には限界がありますので、システムだけに頼った運転はせず、常に安全運転を心がけてください。●プロパイロットの操作方法や重要な注意事項などが記載されていますので、ご使用前に必ず取扱説明書をお読みください。●<自動ブレーキ(インテリジェントエマージェンシーブレーキ)について>エクストレイル、ジューク、セレナ、ティアナ、ノート、リーフ、NV150ADのインテリジェントエマージェンシーブレーキは、約10〜80km/hの範囲で作動します。停止している車両、または歩行者に対しては、約60km/h以上では作動しません。また約30km/h以下で衝突回避の能力があります。スカイライン、フーガのエマージェンシーブレーキは、約5km/h以上で前方の車両に作動します。停止している車両に対しては、約70km/h以上では作動しません。また約60km/h以下で衝突回避の能力があります。デイズ、デイズ ルークス、NV100クリッパー、NV100クリッパー リオのエマージェンシーブレーキは、約5〜30km/hの範囲で前方の車両に作動します。また約15km/h以下で衝突回避の能力があります。NV350キャラバンのエマージェンシーブレーキは、約5km/h以上で前方の車両に作動します。停止している車両に対しては、約80km/h以上では作動しません。また約30km/h以下で衝突回避の能力があります。ただし、積載量や乗車人数などの条件によって、作動速度は異なります。<インテリジェントアラウンドビューモニターについて>モニターにて確認できる範囲には限界があり、カメラ位置より高い物体は表示されません。必ず車両周辺の安全をミラーや目視で直接確認してください。車両上方から見下ろしたような映像にはつなぎ目があり、物やクルマが不連続になるとともに高さのある物体は表示されないことがあります。また、物やクルマが倒れ込み、実際の位置より遠くに表示されることがあります。移動物検知機能は自車周辺の移動物をドライバーにお知らせすることで、安全確認をサポートする機能です。すべての移動物を検知できるわけではありません。また、静止しているものは検知できません。車両の操作をするときは、周囲の安全をミラーや目視で直接確認してください。〈ハイビームアシストの主な作動条件とご注意〉ハイビームアシストは、対向車や先行車のライトを検知、明るい市街地(街灯など)、車速が約20km/h以下などの条件のいずれかに該当する場合はロービームに、いずれの条件にも該当せず車速が約25km/h以上の場合はハイビームに、随時自動で切り替わります。※ハイビームアシストは、天候や道路状況などのさまざまな条件により適切に作動しない場合があります。運転時は常に周囲の状況に注意し、必要に応じて手動に切り替えるなど安全運転を心がけてください。※ハイビームアシストは、ドライバーの安全運転を前提としたシステムであり、事故被害や運転負荷の軽減を目的としています。機能には限界がありますので過信せず安全運転を心がけてください。詳しくは取扱説明書をご覧ください。※安全装備についての画像及びイラストは全てイメージです。●詳しくは、日産自動車ホームページ (http://www2.nissan.co.jp/EVENT/TAX)、またはカーライフアドバイザーまでお問い合わせ下さい。